Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クララが立った!

 「クララが立った!クララが立った!」
 ちょっと古いですけど、猫ヒロシのネタです。
 
 小中学生たちは知らないと思いきや、ちゃんと元ネタを知っているんですよね。(しかし、「ポーツマス」がなにかは知らない・・・)
 ところで、最近この「アルプスの少女ハイジ」のような名作アニメが少なくなったように感じませんか?
 「母をたずねて三千里」「あらいぐまラスカル」「みつばちハッチ」etc…
 
 低学年の国語の授業で物語の登場人物が整理できなかったり、心情が全く読み取れない子が増えていることや、最近の子どもたちの飽きっぽさとか、集中力の低さはこういったアニメを見ることがすくなくなったことと因果関係があるような気がします。
 「読み書きそろばん」も大事ですが、こういった「名作アニメ」を見たり、絵本を小さいころに読み聞かせられているといった経験が、あとで大きな差になって表れてくるのかも? 


 ブログランキングに参加しています。
 ぜひ、ポチッとお願いしますm(._.)m
  ↓

FC2ブログランキング


にほんブログ村 教育ブログへ

 
 
スポンサーサイト

授業準備

 われわれ講師にとっては、毎年毎年同じ単元を教えることになるわけですが、それでも、毎回授業準備をします。
 この「授業準備」一つとっても、「学力低下」を感じます。
 一昨年、昨年、今年と年を経るごとに、1授業(90分)で教えられる内容が少なくなってきています。
 長年(と言うほどでもないですが)講師をやっていることによるデメリットにより私の技量が低下しているのかもしれませんが、前にさかのぼって教えることが多くなったような気がします。
 ところで、教える側としては「10」の内容の準備をすると「10」教えたくなるものです。
 とくに、新人の先生にこの傾向が強いです。
 しかし、だいたい「10」準備すると、実際に授業で使うのは準備していた内容の「3~4」位かと思います。
 かといって、今度は「4」の内容しか準備しないとすると、その3~4割位しか出来ないことになるのではないでしょうか?
 「せっかくこれだけ準備したのに」って考えてしまいがちですが、あくまでも「生徒が主役」だと考えて授業をしています。

 ブログランキングに参加しています。
 ぜひ、ポチッとお願いしますm(._.)m
  ↓

FC2ブログランキング


にほんブログ村 教育ブログへ

 
 

卒業生

 ちょうど中学校の中間試験が一段落し、今度は高校の中間試験ラッシュ。
 この時期になると、卒業した高校生たちがたくさん(というほどでもないですが)質問しに来ます。
 室長としての仕事の一つとして、「みんな(講師も含みます)の居心地のよい教室をつくる」というのあると思います。
 ですから、こういうことがあると、「やってて良かったな」って思いますね。
 試験前のたびに来るので、「懐かしい」って言う感じはあんまりしなくなっていますが。 
 
 ブログランキングに参加しています。
 ぜひ、ポチッとお願いしますm(._.)m
  ↓

FC2ブログランキング


にほんブログ村 教育ブログへ

「わかった?」と聞いてはいけない

 授業をしていると、「この説明で本当に理解してくれたんだろうか?」と思うものです。
 だから、つい「わかった?」と聞いてしまいがちなのですが、タイトルの通り「わかった?」と聞いてはいけないのです。
 どうしてだと思いますか?

追記を表示

模擬授業の効果

 GW明けから講師不足で、(5・11のブログ五月病)緊急講師大量募集中です。
 そんなわけで、またしても採用面接と模擬授業の日々が続いています。
 ところで、この「模擬授業」ですが、採用する上で適性を見極め、新人講師のスキルUPを目的としているのはもちろん、私にとっても非常にためになります。
 それは、どうしてだと思いますか?
 

 模擬授業を生徒相手にやらせるわけにはいかないので、私が生徒役をやるのですが、「生徒」として授業を受けていると、「生徒はこう言う風に言われるとこう感じるんだ」などと、色々なことに気付かされます。
 たまには「教える側」だけではなく「教わる側」の立場を知るのも勉強になりますね。
 また、それとは反対に生徒に先生役をやらせてみるのも理解の確認に役立ちます。
 意外にも、鋭い視点で説明する子もいて、これも双方のためになりますしね。

ブログランキングに参加しています。
 ぜひ、ポチッとお願いしますm(._.)m
  ↓

FC2ブログランキング


にほんブログ村 教育ブログへ

将来の夢

 子供たちの将来の夢、第1位は何だと思いますか?
 朝、TV番組を見ていたら、そんな特集をやっていました。
 男の子なら、サッカー・野球選手、大工さん、警察官
 女の子なら、保育士さん・ケーキ屋さん・看護士さんあたりかと予想していましたが・・・
 なんと、第1位は「夢がない」なんだそうです。
 今の公立中学校には(地域によって違うかもしれませんが)1週間かけて希望の職場に行き、職場体験をする制度があります。
 しかし、行った子に聞くと、「つまらなかった」とか「学校の方が友達がいて楽しい」って言う子が多いんですよね。
 私のころはなかったので、中学生のころにこういうことが出来たら、貴重な経験になるんだろうなあと思うのですが。
 ただ、これは我々大人にも責任があるのかもしれない。
 子供たちが夢をもてる社会ではなくなってきている気がしますからね。

ブログランキングに参加しています。
 ぜひ、ポチッとお願いしますm(._.)m
  ↓

FC2ブログランキング


にほんブログ村 教育ブログへ

七五調

 子供たちの感性ってスゴイですよね。
 CMソングにしろ、お笑いのネタにしろ、子供たちが真似しはじめると、数ヶ月後になってやっと流行りだす。
 かなり前になりますが、『レギュラー』の「あるある探検隊」、『オリエンタルラジオ』の「武勇伝」なども、小学生が無意味に呟いたりしていました(笑)
 ところで、この「武勇伝」や最近話題の「冷凍みかん」の歌、七五調になっていますよね。
 「ブユウデンデン/デデンデン」
 「冷凍みかん/四個入り」
のように。
 やっぱり、日本人に心地の良いリズムというのは、太古の昔から受け継がれているのかもしれませんね。

 ブログランキングに参加しています。
 ぜひ、ポチッとお願いしますm(._.)m
  ↓

FC2ブログランキング


にほんブログ村 教育ブログへ

○○検定

 当教室でも漢字検定など、各種検定を行っています。
 いろいろなブログを見ていたら、ちょっと興味がある検定があったので、早速挑戦!

 日経マネー投資力検定の成績:
 http://www.toushikentei.jp/

●受験日 2006年5月12日
●点数 80点/100点(平均65.3点) ●偏差値 59.5
●マネー検定2級
●知識レベルの高い投資家です。実戦で、自分の強みを磨いてください。
●得意な分野は 基礎力と銘柄力とチャート力と感応力
●不得意な分野は ありません
●分野別得点
 ニュース力:11 基礎力:16 銘柄力:20 チャート力:17 感応力:16



正否:

01 ○ 02 ○ 03 × 04 ○ 05 ○ 06 × 07 × 08 ○ 09 × 10 ○
11 ○ 12 ○ 13 ○ 14 ○ 15 ○ 16 × 17 × 18 ○ 19 ○ 20 ○
21 ○ 22 ○ 23 ○ 24 ○ 25 ○ 26 ○ 27 ○ 28 ○ 29 ○ 30 ○
31 ○ 32 ○ 33 ○ 34 ○ 35 ○ 36 ○ 37 ○ 38 ○ 39 ○ 40 ×
41 × 42 ○ 43 ○ 44 ○ 45 ○ 46 ○ 47 ○ 48 ○ 49 × 50 ○

 やっぱり、こういう検定をやると、「勉強しなくちゃ!」っていう意欲が湧いてきますね。

ブログランキングに参加しています。
 ぜひ、ポチッとお願いしますm(._.)m
  ↓

FC2ブログランキング


にほんブログ村 教育ブログへ



五月病

 GW前に採用し講師研修と契約を終えて、昨日の水曜日から授業という学生講師が二名いたのですが、そのうちの一人が無断欠席。何度連絡してもつながらない。
 病気や事故という可能性もあるが、五月病にでもなったのかな?
 だいたい、年に1・2回はこういうことがあります。
 代わりのいない仕事なので、本当に困ります。
 月曜日にも採用して1ヶ月の講師が「自信がなくなった」とかでもう来れないと一方的に電話がありました。
 後者の方は連絡があったのでともかく、連絡なしは本当に困る。
 モラルの低下はこんなとこにも表れています。
 生徒・保護者にどれだけ迷惑がかかるか、ちょっと考えればすぐわかると思うのですが。

 正直、ちょっと参っています。(×_×)
 応援していただける方、ぜひ、ポチッとお願いしますm(._.)m
  ↓

FC2ブログランキング


にほんブログ村 教育ブログへ

ゲームの功罪?(その3)

 私が子供のころ、TVゲームはとても貴重品?(表現が変ですが)でした。
 年間に買ってもらえるゲームソフトは誕生日とクリスマスの2本だけ。
 本体は高いので、一年我慢して、クリスマスと誕生日の分合わせて買ってもらった記憶があります。
 今の生徒たちに聞くと、ソフトをたくさん持っているのはもちろん、「PS2」「ニンテンドーDS」「ゲームキューブ」など複数の本体を所有している子も多いようです。
 だからなのでしょうか、飽きっぽい子が増えたような気がしますし、難易度の低いゲームが増えたような気もします。
 生徒たちに、「昔のゲームは、セーブとか出来なかったから、1回ゲームオーバーになったら、はじめからやり直しだったんだよ」と言うと、「へー、それじゃあクリアとか出来ないね」と返ってきました。
 「スーパーマリオ」などはもちろん、「スペランカー」など、身長の高さから飛び降りたり、下りのエレベーターでジャンプすると死んでしまう(知っている方いらっしゃるでしょうか?)ゲームまでありましたからね(笑)
 それでも、持っているゲームが少ないので、飽きずにプレイしていました。
 そのためか、「スーパーマリオ」などは久しぶりにプレイした今でも、いろいろな隠しブロックとか、びっくりするくらい覚えているんですよね。(おそらく、そういう2・30代が多いので、当時の復刻版ソフトが売れているんだと思います)
 「昔の○○はよかった」と言うようになったのは、私も年を取ったからなののかな?
 
 ブログランキングに参加しています。
 ぜひ、ポチッとお願いしますm(._.)m
  ↓

FC2ブログランキング


にほんブログ村 教育ブログへ

あかさたな

 先週「わからないのがあたりまえ」と思って授業を、という話をしましたが、意識していてもなかなか難しいですよね。
 今日は小学校4年生にローマ字の授業(国語の授業です)をしたのですが、ローマ字で、五十音を覚えるにはタテ横の関係が重要ですよね?そこで、五十音を書いてもらい、「それを見ないで横に読んでみて!」と聞いたのですが、「あかさたな」の段は言えたものの、い段からは4つか5つくらいで止まってしまいました。「1年生でやったけど、昔過ぎて忘れちゃった!!」とのこと。
 もし、これを読んでいる小学生のお子さんをお持ちのお母様がいらしたら、ぜひ、聞いて見てください。
 意外と言えないかもしれませんよ?

ブログランキングに参加しています。
 ぜひ、ポチッとお願いしますm(._.)m
  ↓

FC2ブログランキング



学力低下よりも○○低下。

 今日は時事ネタから気になったものを。


ノートからごみ出しまで=基本教える必修授業-金沢大、今年度から(時事通信)
>「教授が繰り返す部分は重要事項。しっかりメモして」-。ノートの取り方からごみの出し方まで、大学生活の基本を教える授業が、今年度から金沢大学(金沢市)で始まった。背景には、高校までの教育で大学で学ぶための基礎が身に付いていないという実態がある。
> 授業は「大学・社会生活論」で、半期の必修科目。「勉学や生活にかかわる必要な基本事項を学び、自らの将来像を考える」ことが目標で、ノートやリポートの書き方、図書館の使い方、健康づくりなどを学ぶ。

 「大学生活の基本」を大学の授業で教えなければならないとは・・・
 「ゆとり教育」の影響か、授業の「前倒し」ならぬ「先送り」が行われています。
 小学校で習っていた内容は中学校へ、中学校で習っていた内容は高校へ・・・
 以前(私が中学のころ)中学校で習った不等式や二次方程式の解の公式は現在高校数学の数Ⅰの内容です。(さすがに文部科学省もやばいと思ったのか、今年度の新しい教科書には一応「応用」として解の公式が復活していましたが、たぶん学校の授業では扱わないでしょう)
 ですから、大学でこんなことを教えなければいけなくなったのでしょうね。
 しかし、「ノートの取り方」「ゴミの出し方」とは、学力以前の問題。
 まず、「低下」に歯止めをかけなければいけないのは、学力ではなくモラルなのかもしれませんね。
ブログランキングに参加しています。
 ぜひ、ポチッとお願いしますm(._.)m
  ↓

FC2ブログランキング




 

ゲームの功罪?その2

 昨日の話の続きです。
 インターネットが普及し本当に便利な世の中になりました。
 調べたいことはほとんど何でも、簡単に調べることが出来ます。
 ゲームでも、知りたいことや進まないところがあれば、ゲ-ムのタイトルを検索するとたくさんの攻略サイトのホームページが出てきます。
 私も、どうしても困った時はそういった攻略サイトを利用する時もありますが、攻略本を見ながらやそういった攻略系のサイトを見ながらのゲーム、楽しいのでしょうか?
 特にFF・ドラクエなどに代表されるRPGについては、攻略本を見ながらのゲームなら、小説を読むのと変わらないんじゃないかな?とよく思います。
 それと関係あるかはわかりませんが、すぐ「わからないから教えて」と聞く子が増えました。
 それはそれで講師冥利につきるのですが、(本当に考えてから聞きに来たのかな?)と思ってしまう質問をする生徒がここ数年本当に多いです。
 そんなとき私は『不親切な攻略本』になるようにしています。 

ブログランキングに参加しています。
 ぜひ、ポチッとお願いしますm(._.)m
  ↓

FC2ブログランキング



ゲームの功罪?

 「うちの子はゲームばっかりで全く勉強しないんです」
お母さんの言いたいこと、とてもよくわかります。
と同時に、子供たちの気持ちもよくわかります。
私も、今でもTVゲームは趣味の一つですし、中学受験直前、塾の先生に「入試前の1ヶ月間だけ、ゲームをやめなさい」と言われたのを、頑として聞かなかった覚えがあります。
 「なぜ、○○くんはゲームが好きなの?」
と聞いてみて下さい。なにかしら理由を言うと思いますが、おそらく「そのゲームにおける目的をひとつひとつクリアしていく」ということが楽しいのだと思います。(逆に言えば、理由が言えなかったり、「なんとなく」とかなら、違う楽しみを見つけるべきだと思います。)
 「勉強もこれと同じで、ひとつひとつ課題を「クリア」していけば、必ず出来るようになるよ。だから、ゲームが好きな○○くんは絶対勉強もできるようになるよ」とゲームが好きな子にはよく話しています。 
 また、ゲームが好きな子にゲームが不得意な子はいません。
 『好きこそものの上手なれ』
 勉強も「好き」になってくれれば自然と出来るようになります。

 ブログランキングに参加しています。
 ぜひ、ポチッとお願いしますm(._.)m
  ↓

FC2ブログランキング



 
 

誕生日

 先日、授業中に「お父さんとお母さんの誕生日は?」と聞いてみたら、「覚えてない」といわれてビックリ!!
 その子に聞いてみると、両親だけでなく、兄弟の誕生日も知らないのです。
 また、算数の年齢算の例題として、「お父さんの歳を教えて」と聞くと、それも知らない。(お父さんに気を使って言わないだけかもしれませんが)
 あまりに驚いたので、緊急アンケートを実施(笑)
 帰り際に他の生徒にも聞いてみました。
 すると、ほとんどの子が家族の誕生日を知らないのです。
 生徒たち曰く、
 「誕生日なんて1年に一回しかないから忘れちゃうよ!」
 「お父さんの歳なんて、毎年変わるし!」
 それはそうだけど・・・理由にはなってないような・・・

 さすがにみんな自分の誕生日は覚えていました(笑)

ブログランキングに参加しています。
 ぜひ、ポチッとお願いしますm(._.)m
  ↓

FC2ブログランキング


わからないのがあたりまえ

 「家で子供に勉強を教えていると、なんでこんなことがわからないのかとイライラしてしまう」とよくご家庭からお話をいただきます。
 我々大人にとっては、以前から「知っている」ことであっても、子供にとっては未知の事柄です。
 私は独身ですので、詳しくはよくわかりませんが、(最近周りの友人が出産ブームで取り残された気分です(×_×))
 「○○ちゃんが赤ちゃんだったころを思い出して下さい。周りのモノ全てが新しいもので、一言声を出したり、何か新しいことをするだけで、誉めていませんでしたか?」と聞いています。
 「○年生だから~~は知っていて当然」なのではなく、その時にたまたま何らかの理由でつまづいてしまうと、そこから先がずっとつまづいてしまうのです。
 ひとりひとりの生徒の理解力を想定して授業を進めていくのはとても大切ですが、決めつけてはいけません。
 「わからないのがあたりまえ」と思って教えるだけで、イライラしなくなりますよ。 

ブログランキングに参加しています。
 ぜひ、ポチッとお願いしますm(._.)m
  ↓

FC2ブログランキング


 

Appendix

プロフィール

Author:ラキアス
東京都出身・28才
東京都区内で個別指導塾の室長をしています。
開校時から、現在の教室で働いており、丸四年が経過しましたが、未だに試行錯誤と失敗の日々・・・

最近の記事

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。